理学療法士の年収は少ない?【平均427万円】上げる方法

どうも!じろー(@jiro2933)です。

悩むPT
悩むPT

理学療法士は年収が低いと感じるけど実際どうなの?

年収を上げる方法を知りたい。

まず結論から伝えると理学療法士の平均年収は427万円で、サラリーマンの平均年収よりも少ないと言われています。

以前は絶対数が少なかったために年収も高かった理学療法士ですが、徐々に収入が少なくなってきています。

この記事でわかること

・理学療法士の年収は427万円で、サラリーマンの平均年収よりも少ない

・年間1万人の理学療法士が増えており2040年には飽和すると言われている

・理学療法士が年収を上げるためには①役職に就く②転職をする③バイザーになる④副業をするなど行動を起こすしかない。

それでは順番に説明していきます。

理学療法士の平均年収は427万円

2020年の理学療法士の平均年収は約427.9万円と、厚生労働省が「賃金構造基本統計調査」で発表しています。

病院の規模によって基本給や賞与、昇給に違いはありますが大差ないでしょう。

現に周りの友人と比較してもほとんど変わりません。

それでは理学療法士とサラリーマン・OLの年収を比較するとどのような差があるか解説します。

理学療法士の年収と経験年数

理学療法士の平均年齢は30代前半となっているため、

ちなみに理学療法士の初任給は約23万円で、新卒の平均年収は290〜300万円といわれています。

全体の平均年収が427万円なので、単純計算で年収600万円以上の理学療法士もいることになります。

一昔前は理学療法士の人数が少なく需要が多かったため、給料は今以上でした。

20年以上前に理学療法士として働いている人は平均年収を遥かに超えていることが想像できます。

先輩PT
先輩PT

15年前は時給4000円のバイトがあったよ!

じろー
じろー

え⁈そんなに高かったんですか⁈

しかし今では理学療法士の数が増えているため時給2000円以下の求人が多くなっています。

そのような現状から考えても今のまま理学療法士として働き続けても年収600万円以上は難しいといえます。

サラリーマン・OLの年収は433万円。30代はもう少し多い。

一方でサラリーマン・OL(以下:会社員)の平均年収は433万円と言われています。

その平均給与は433万円(同 0.8%減、33 千円の減少)となっている。

引用:民間給与実態統計調査結果の概要

会社員と比べると理学療法士の平均給与はやや少ないことが分かります。

ちなみに30代会社員の平均年収は437万円といわれています。

理学療法士の平均年齢が30代前半であることから、30代と比較すると約10万円の違いがあります。

理学療法士とサラリーマン・OLの年収の差は開く一方

30代の平均年収では理学療法士と会社員で約10万円の差があることがわかりました。

そして悲しい現実ですが年齢を重ねるにつれ年収の差はどんどん開いていきます。

理学療法士の昇給額は2000〜3000円が多いです。

なかには5000円前後と定期昇給が多い病院もあります。

しかし多くの病院で勤続年数10年以降の昇給額は大幅に下がります。

一方で会社員の定期昇給の平均は約6000円です。

2019年、会社員の定期昇給は平均5997円です。

参考:2019年春季生活闘争(春闘)、日本労働組合総連合会

そして会社員の定期昇給額は基本的には右肩上がりです。

勤続年数が長くなれば昇給額が下がる理学療法士に対して会社員の定期昇給額は増していきます。

転職サイトdodaによると50代以上の平均年収は613万円と言われています。

しかし理学療法士のぼく達は今の職場で働き続けても50代で年収600万円はもらえないでしょう。

理学療法士は2040年に飽和すると言われている

さらに追い打ちをかけるように悪いニュースが続きます。

理学療法士は2040年に飽和すると国が発表しています。

ただでさえ年収や定期昇給が少ない理学療法士ですが1年間に10,000人のペースで有資格者が増えることで近い将来需要と供給のバランスが崩れると言われています。

  • 2040年に理学療法士は飽和する
  • 有資格者は約20万人、毎年1万人ずつ増えている
  • それに伴って年収が上がりにくい

順番に掘り下げて説明していきます。

理学療法士は2040年に飽和状態になると国が伝えている

約20年後の2040年、理学療法士は需要に対して供給量が上回ると言われています。

PT・OTの供給数は、現時点においては、需要数を上回っており、2040年頃には供給数が需要数の約1.5倍となる結果となった。

引用:理学療法士・作業療法士の需給推計について・厚生労働省

僕は現在30代前半ですので、定年を迎える前に起こることになります。

現在の有資格者は19万人以上。年間1万人増えている

日本理学療法士協会によると2022年3月の国家試験で有資格者は192,327名になったと記されています。

また2022年には9434名の合格者が出ました。

年度国家試験合格者
2017年度12388名
2018年度9885名
2019年度10809名
2020年度10608名
2021年度9434名

引用:理学療法士国家試験合格者の推移・日本理学療法士教会

このように年間約1万人の新しい理学療法士が増え続けています。

それに伴って年収が上がりにくい

年間10,000人の有資格者が増え2040年には供給過多となり飽和すると言われている理学療法士。

現役理学療法士が受ける影響も少なくないと考えます。

  • 定期昇給の減額
  • 新人の積極採用
  • リストラに近い退職の督促

給与を支払う病院や施設は、できるだけ人件費を抑えたいと考えます。

経験年数20年のAさん、新卒のBさんならどちらが安く雇えるかは明確です。

もちろん新卒のBさんにない経験や知識をAさんは持っています。

しかし運営側からすると理学療法士として稼ぐお金は同じです。

最悪の場合、経験年数だけの理学療法士は退職するように促される未来もあるのかもしれません。

理学療法士が年収を上げる方法

理学療法士が年収を上げる方法について説

理学療法士の年収がサラリーマンやOLより少ないことが分かったところで収入を上げる方法について説明していきます。

  • 役職について最大年収60万円UPを目指す
  • 転職をして定期昇給の減額を防ぐ
  • 自分で実習生を受け入れてバイザーをする
  • 副業をして副収入を得る

順番に深掘りしていきます。

役職について最大年収60万円UPを目指す

まずはじめに考えられるのは役職につく方法です。

病院の規模やリハ科の人数によって変わりますが経験年数5年を超えると昇進の話が出る人もいます。

昇進すると役職手当をもらえるので年収が上がります。

役職名役職手当
副主任1万円
主任2万円
科長3万円
部長5万円

あくまで参考ではありますが役職手当の相場です。

今の職場に骨を埋める気持ちがあるなら、せっかくですので役職がもらえるように努力しましょう。

転職をして定期昇給の減額を防ぐ

先ほどお伝えした通り、理学療法士の定期昇給は10年を目処に減額する病院・施設が多いです。

ですので定期昇給が減額する前に転職をする作戦もあります。

転職先の給与が今と同程度なら、定期昇給により今の職場で働き続けるよりも年収が上がります。

もちろん年収だけでは転職先を選べないと思うので、転職サイトに登録する事をおすすめします。

理学療法士/作業療法士専門の転職支援サービス【PTOTキャリアナビ】

自分の代わりに働き口を探してくれる上に、さまざまな条件を聞いてくれるので、あなたにピッタリの職場が見つかるでしょう。

自分で実習生を受け入れバイザーをする

実習生を受け入れて教育係であるバイザーになることで臨時収入を得る可能性があります。

周知の事実ですが、理学療法士養成校は在学生に病院で実習経験を積ませます。

その際に学校から実習生を受け入れることで、病院に謝礼が支払われます。

なかには実習地が少なくて困っている学校もあります。

そこで職場と養成校のパイプ役となり、職場へのメリットを明確に示すことができると謝礼の何%か受け取れる可能性があります。

知り合いに学校で働いている理学療法士がいる場合は一度それとなく話をしてみてはいかがでしょうか。

副業をして副収入を得る

悩むPT
悩むPT

リハ科の人数が多くて役職なんてもらえない

悩む人
悩む人

職場を変えるのはエネルギーを使うからしんどい

そんな人におすすめなのが副業で副収入を得る方法です。

【2022年】理学療法士の副業|おすすめ21選!PTで副収入3万

副業をするメリットは以下の通りです。

副業のメリット

・収入源を増やすことができる

・社会人経験が理学療法士のみの人は他のスキルを身につけられる

・広い視野で物事を考えられるようになる

もし職場が副業禁止でもバレずに副業をする事は可能です。

理学療法士の副業はバレる?バレない?【結論】バレない副業を選ぼう!

あなたのやる気さえあれば、1ヶ月目で1〜2万円を稼ぐことも可能です。

理学療法士の年収は平均以下。上げるためには行動が必要

理学療法士の平均年収は約437万円であり、サラリーマンやOLと比較すると約10万円少ないことが分かりました。

さらに会社員と違い理学療法士は定期昇給額が減少していくので、年収を上げるためには自ら行動を起こす必要があります。

まとめ

・役職をもらえるように働く

・転職して定期昇給の減額を防ぐ

,実習生のバイザーをして謝礼をもらう

・副業で副収入を得る

理学療法士はとても素敵な職業です。

しかし年収は他の職業よりも少なく、年齢を重ねると差は開いていきます。

お金が全てではないですが不安な将来を考えるとある方がいいのは明らかです。

未来のあなたのために今できる行動を起こしてみませんか?

あなたの未来はあなたにしか変えれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。